金買い取りの査定など、わかりやすく解説していきます。


by ごーるでんえっぐ
金買取は誰でも手軽に利用できて便利ですが、一部においては悪質な詐欺の事例も存在しています。


中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。


呼んでもいないのに自宅を訪れ、要らない金製品を買い取るとゴリ押しするものです。


こちらが相場などを知らないのをいいことに、ほとんど二束三文の値段で換金させられたり、ひどい場合には現金すら渡さず、粗品と引換にされてしまうケースもあります。


詐欺や強迫のペースに嵌ってからでは遅いので、そうなる前に拒絶の意思を示し、追い帰すのが得策です。


中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、法律や都道府県の条例の定めに従い、金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。


さらに、取引の安全を守る意味でも、お店にもそれぞれの決まりがあり、未成年者は、たとえ18歳以上でも、少なくとも一人では買取を利用できません。


18歳以上20歳未満で買取ができる場合でも、保護者(主に親)が署名した同意書の持参は絶対に必要です。


それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。


今、金の値段が高騰しているのは確かですが、買取の利用を急ぎすぎるのは考えものです。


その理由としては、景気の変化などにより、貴金属は価値がコロコロと変わるためです。


こういった理由から、毎日変動する金相場を気をつけて見ておいて、最適のタイミングで買取を依頼することこそが、買取で得をするカギとなります。


金製の指輪やネックレスなどは、かつては気に入って使っていても、時代遅れのデザインだったりして何年も使わずじまいという方も多いと思います。


そうしたアイテムをお持ちの方は、買取店に持ち込み、現金化するのもありでしょう。


しかし、偽物はもちろん買い取ってもらえません。


本物だと信じて持っていても、実は偽物だったというケースがあります。


買取店でそう言われてしまったときは、泣き寝入りするしかないですね。


店への持ち込みではなく、業者のほうが家に来て、強引に金製品の売却を迫る場合があり、「訪問購入」として法規制の対象になっています。


買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、強迫的な態度に負けて売却に合意してしまったなどと、被害を訴えるケースが最近増えています。


悪質な訪問購入で被害に遭ってしまった場合でも、平成24年の特定商取引法改正に伴い、クーリングオフ制度の対象となったので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておいてください。
[PR]
# by v77ucx2 | 2017-09-23 04:36
お手持ちの金製品を売却したい方は、買取してもらいたい商品を、ショップに直接持ち込むのが最も一般的な方法ではないかと思います。


自分も見ている前で商品を誠実に鑑定してくれ、商品を引き替えに直接現金を渡してもらえるので、不安要素はありません。


売る前に、入念に査定額の説明などをしてくれるショップも増えてきましたので、その場でよく考え、本当に納得してから買取ってもらえます。


これなら安全だと思いませんか。


金買取の業者って電話でも営業してるんですね。


この前そういう電話がかかってきました。


営業の電話は普段から色々かかってきますが、何か売るのではなく、逆に買うという話は珍しく、話だけでも聞いてみることにしました。


いわく、手持ちの宝飾品や貴金属で不要な品をその業者に売却できるという話でした。


丁度、昔買った宝石がタンスに眠っているのを思い出し、利用してみてもいいかなと思いました。


今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。


普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。


数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金を販売している業者が保管設備を持っていて、有償で保存を受け付けているケースもあります。


そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも良い方法だと思います。


貴金属の買取を行う店舗が最近増えてきましたが、お店は、売却する人の身分確認をしなければならないと法律で決まっています。


店舗で直接買取してもらう場合は勿論として、商品を先に送ってお金を振り込んでもらうなどの形式でも、やはり本人確認は必要です。


免許証や保険証、パスポートなど、公的機関の発行した身分証を店に提示し、個人情報を控えさせることになります。


対面でない場合、商品を発送する際に身分証の写しと合わせての発送で法律の要件を満たすことになります。


金製品の買取で出来る限り高値を付けてもらうためには、買取や査定自体に費用を取っていない良心的なお店を粘り強く探してみるといいでしょう。


少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくといった工夫もできるといいでしょう。


買取では、グラム数が多いほど査定額も高めに付けてもらえるのが一般的なので、ごく少量、例えば10グラム程の買取なら、相場であまり差は出ません。


「相場より高く買い取ります」などの広告もネットでは見かけますが、悪徳業者や詐欺の可能性が高いでしょうから、十分気を付けてください。
[PR]
# by v77ucx2 | 2017-09-22 03:06
依頼してもいないのに自宅にやってきて、使っていない金製品を買い取りますなどと言い、二束三文で買い叩いていく、いわゆる「訪問購入」による被害が増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。


この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、簡単に応じないと見るや、態度を豹変させ、無理やり買取を進めるという場合が多いようです。


このような業者は詐欺も同然であり、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。


少しでも怪しいと思ったらすぐに追い帰すのが吉です。


誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、実際幾らくらいの金額で売却できるかという見積を事前に立てられることです。


製品の価値はモノによって異なりますが、金自体の価格の計算法を知っておけば目安になります。


ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、さらにドルと円の為替レートを掛けます。


すると、日本国内の金価格が算出できます。


こういう情報一つでも、知ると知らないとでは大きな差があります。


計算法を知っておき、お店の買取提示額が適切かどうか判断できるようになっておくといいでしょう。


金の売却において留意すべき点は、相場について正しい情報を持っておくことです。


買取価格で後悔しないためにも、相場を小刻みに確認しておき、売却の時期を決定するのです。


実際の買取額は、申込時の相場で決定されるのが一般的といえます。


相場の変動を味方につけて、なるべく高値で買い取ってもらいましょう。


昔は使っていたけど今は不要だという指輪などの金製品を持っている人は、専門店に売却しておカネに変えるのもありでしょう。


しかし、同じ品物であっても、どこに売却するかによって買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、ランキングやレビューなど、ネットで見られる情報を調べた上で、高額買取している店を探してみるのが吉ですね。


たくさんの商品を売る場合は特に、そのぶん買取額の差も大きなものになります。


ですので、店の選択には注意しましょう。


金買取は、直接店に行かなくても、ネットでも可能です。


メールやラインで商品の画像を送ると、おおよその査定をしてくれる業者も多いようです。


店頭での買取でも身分証を提示しますが、郵送で買取してもらう場合も、買い取ってもらう品物と合わせて、身分証のコピーを送ります。


また、なるべく高値での買取を狙うなら、店ごとの条件を比較検討して、合った店を選択することです。


店によっては手数料が高い場合もありますが、それらの費用が引かれないところも多いですから、なるべくそういう店を選びたいものですね。
[PR]
# by v77ucx2 | 2017-09-21 03:06
金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。


普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。


もっと桁違いの量、例えば資産家が金の延べ棒を大量に保有する場合などなら、安心安全を求め、自宅に置かずに銀行の貸金庫に入れていることもありますし、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。


そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は最初から現金にして銀行に預けておくのが得策なのかもしれないですね。


手持ちの金製品を買い取ってもらいたい場合でも、価値が高い内に急いで売ろうというのは正直、正解とは言えないのです。


その理由としては、貴金属は買取時の値段の変動が頻繁に起こるからです。


そこで、刻々と変わる相場に目をつけ、高値になるタイミングを見逃さないことが大事になってきます。


お金持ちは色々なものに資金を投資して儲けようとしています。


中でもゴールド(金)は代表的なものでしょう。


値段が崩れないのが金の魅力です。


金の値段はあまり国際情勢や景気の影響を受けないためです。


全世界で普遍的な価値を有していることも、昔から金が投資の対象にされてきた理由の一つです。


とはいえ、相場の変動も当然あるので、売却を検討しているなら、金の相場に大きな動きがないか確認しておくのが無難です。


金のアクセサリーを買取に出そうという際に、普通に思い至る売却先といえば、金買取の専門店や、質屋などだと思います。


ですが、その手のお店は馴染みがなく不安だったり、そうでなくても恥ずかしくて入りにくいと感じる人が私の周りにも多くいます。


そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。


常設のお店がなくても、期間限定の催しとして行っている場合も少なくありません。


やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、街の買取ショップより人気の場合もあります。


金の価値が上がっている昨今、実に多くのお店が買取サービスをするケースが増えています。


中でも有力なのが、リサイクルショップですね。


家電や衣料品などの買取をしてくれるのがメインですが、金やプラチナの買取を大きく扱うお店が最近は多いようです。


専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。


金買取の利用を検討している場合は、専門店と並んで有力な候補になります。
[PR]
# by v77ucx2 | 2017-09-20 02:12
ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。


刻印がある商品だけなら買取査定できるとのことでしたが、それでは点数も少なく、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。


できることなら手持ちの品物をまとめて全部売りたいと思って、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。


すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、純度を測定するための比重検査、試金石検査など様々な手段を用いて、私の持ち込んだ金製品に全て値段を付けてくれました。


現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、純金でなければ当然それより安い額になります。


これが例えば18金(75%の合金)のアクセサリーなどであれば、純金5000円に対し、その75%の3500円になるのです。


100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上に達するには、必要な量は550から600グラムくらいでしょう。


ちなみに、かつて流行した喜平ネックレスが、重いもので1本100グラム程度です。


これがさらに10金だとどうでしょうか。


これはもはや金の純度が半分以下。


価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。


買取額が200万円を超えるためには1キロほども必要です。


ちょっと現実的ではないですね。


買取にも色々な方式がありますが、最近増えてきたのが、貴金属を簡単なやりとりで買取してくれる、宅配買取というものです。


その中身を説明すると、まず買取対象の品物を専用の梱包パックでお店に送り、お店での買取と同様、買取金額を査定してもらいます。


査定結果をメールなどで確認したら、売却を決定するか、額が低いと思えば無償でキャンセルできます。


店頭での買取はそんなに夜遅くまで空いていませんが、郵送買取なら時間を気にせず利用できるので、お店に行く時間がないという方から好評を得ています。


相場よりも高い金額で金を買い取るとネットで広告が出ていたから利用してみたのに、あれやこれやと理由をつけて結局定額で買取に応じてしまった、などというケースはよく耳にするところです。


最近増えてきた買取ショップの中には、犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、よく見極めたうえで利用しないといけません。


どうにも腹の虫がおさまらないという方は、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。


買取ショップが街に溢れる昨今。


初めて金買取をしてもらう場合は、果たして満足できる金額になるのか、誰しも気にされるところですよね。


しかし金の値段は常に決まっているわけではありません。


景気や需要に応じて、金の相場は刻一刻と動いているため、実際の買取額もそれに応じて変わります。


なので、手元の金を少しでも高い値段で売却することを望むなら、毎日の金相場をネットなどで確認して、相場変動の情報に強くなっておくことが大事になってきます。
[PR]
# by v77ucx2 | 2017-09-19 01:06